4月26日(土)午前6時並びに27日(日)午後6時45分からのほっとライン有放では、それぞれ「話題のコラム」をお送りします。今回は、入村市長が最近色々な場面で語る“旅”のイメージと、そのイメージを生かした観光戦略についてお送りします。

今年2月、市内で開かれた「みんなで作ろう!未来のくびき野シンポジウム」で、パネリストとして出席した入村市長は、「観光の作り方には難しさがあるが、“旅”ととらえたほうが気負いが無くて良いのではないか。気負いが無い事で本物が見えると思う」という趣旨の話をされました。妙高市が4つのツーリズムの推進に力を入れている中、入村市長が具体的に思い描く“旅”のイメージ、そのイメージに基づく戦略についてインタビューしてきました。どうぞお聞き下さい。